【参加者募集】オンラインシンポジウム「2030年に“市民がつくるまち、静岡市”これからどうつくる?」第4次市民活動促進基本計画について考えよう

静岡市のまちづくりに関心がある全ての方必見!

静岡市第4次市民活動促進基本計画へ多くの市民の声を届けるため、これからの静岡市の市民活動を考えるシンポジウムです。市民活動促進基本計画について学び、ゲストパネラーと共に考え、参加者も混じって深めながら、声を届けるプログラムになっております。


オンラインではありますが、静岡市のこれからについて、まちづくりや市民活動という視点から考えてみたい、知りたいという方は、ぜひご参加ください!


オンラインシンポジウム
2030年に“市民がつくるまち、静岡市”これからどうつくる?-第4次市民活動促進基本計画について考えよう


■日時

2021年10月9日(土)13:30〜16:30


■開催方法

オンライン(Zoom)

※お手持ちのパソコンまたはスマートフォンよりご参加ください


■参加費・定員・対象

参加費:無料

定員:70名

対象:これからの静岡市のまちづくりに関心がある全ての方

■プログラム内容

ゲストのパネラーとのディスカッションの後、論点について参加者同士やゲストを交えての意見交換を通じて、これからの「市民がつくる静岡市」について考えます。

最終的には、今後の第4次市民活動促進基本計画の策定の参考にしてもらうための意見書(本イベント報告書)として、策定委員会へ提出します。


■ゲスト(パネラー)

木下聡(きのしたさとし) 氏

しずおかSDGsネットワーク代表/あさはた緑地管理事務所所長

一般企業に5年間勤務後、青年海外協力隊(モンゴル・環境教育)に参加。帰国後は国際協力NGO難民を助ける会[AAR Japan]に入職。2018年7月に退職し、主夫兼フリーランスファンドレイザーに転身し、静岡市にてNPOの支援やSDGsの勉強会、普及活動などを実施。2021年4月からは静岡市のあさはた緑地公園の管理運営に携わっている。


田中志保(たなかしほ) 氏

シングルペアレント101代表/一般社団法人1×1理事

10年前にシングルマザーとなる。静岡市人材養成塾修了後、2014 年に団体設立。 コミュニティ財団、困窮者支援団体で働いた後、母子寡婦福祉団体に入職。「静岡市ひとり親家庭相談窓口」相談員として、福祉事務所で5年働き、今年4月に退職。当事者として支援者として「ひとり親でも安心して暮らせる社会」を目指し、2つのNPOで活動中。


弓削幸恵(ゆげゆきえ) 氏

NPO法人まちなびや代表理事

神奈川県横浜市出身、1998年に来静。国際理解教育の任意団体を設立後、静岡市教育センターにて学校教育に関わる。2005年「子どもと地域をつなぐ」まちなびやの活動をスタート。駄菓子屋さん、こども10円商店街、まちのおしごと図鑑「コドモンデ」発行、出張授業等のキャリア教育支援など取り組みは多岐にわたる。


■コーディネーター

天野浩史(あまのひろふみ)

NPO法人ESUNE代表理事

愛知県岡崎市出身。高校卒業後、静岡大学理学部物理学科へ入学。在学時、地域づくりと出会い、ESUNE前身団体を設立。その後、求人メディア会社を経てESUNEを法人化し代表理事に就任。企業・自治体・大学など様々な人材育成プロジェクトにてプログラム開発やディレクターとして関わる。この他、大学研究員、NPO・一般社団法人理事を兼務。


■申し込み

下記受付フォームよりお申し込みください。

※参加申し込み時に受付する情報は、適正に管理し、本イベント以外の目的では使用いたしません


■お問い合わせ

静岡市民自治推進課

054-221-1372


■主催・企画運営

主催:静岡市民自治推進課

企画運営:NPO法人ESUNE


チラシはこちらからダウンロードください。